リバティプリントでオープンカラーシャツを縫った

トップス
この記事は約3分で読めます。

年に一度は奮発してリバティプリントで服を作ることにしている。
今回私が選んだのは、ヒマワリの柄。カラーバリエーション豊富な人気のスモール・サスだ。

イエローとネイビーで迷って、ネイビーを選んだ。というのも、去年同色でメンズのシャツを作ってTwitterに投稿している人がいて、かっこよかったので!

柄合わせ

本来細かい柄合わせは不要の柄だが、前身頃だけは柄合わせしたくて努力した。リピートの幅が広いため、前身頃を合わせるだけでも結構な無駄出る。
できればカフスなども合わせたかったが、到底不可能であった。

生地が足りないので、襟は横地に、裏襟はバイアスに。カフスは良さそうなところから縦に2つ取って間に合わせた。

この柄は、どの向きに取っても違和感がない。

縫製のポイント

タナローンの難しさ

薄地用のミシン糸を用意したが、糸調子がうまく合わせられず苦労した。
細かく縫うのはあきらめ、2.0〜2.5mmで仕上げることに。

手縫いではファイン手縫い糸を使用してスイスイ縫えたのに……。
私のミシンではどうもうまくいかず。1〜2回なら縫い直せるが、それ以上は生地が傷みそうだ。

バストダーツ・ウエストダーツ

ダーツは難しいのに、性質上真っ先に縫わねばならない。

今回菱形のウエストダーツに初めて挑戦し、苦しんだ。ゴチャゴチャした柄に紛れ、さほど粗が目立たないのが救いだ。

ぬいしろの始末

いつもの通り、アームホールはバイアステープ始末で。脇のカーブも共布でバイアステープを作り、かぶせている。

袖の下側をどうやって折りふせぬいしたらいいものか、悩んでいたが、この動画を見たら、一発で理解できた!

細く美しく、縫えているでしょ。やったね!

襟付け

襟の返り位置をまちがえて3回も縫い直した。襟付けは手縫いでおこなったため、縫い直してもそこまで穴は目立たない。

欲を言えば、縫う前に表襟を折り返して丁寧にくせづけするべきだった。

なんとなーく襟が突っ張っているのが気になる。次回への課題だ。

感想

  • 生地: リバティプリント(Small Sus)コットン・タナローン 1.5m
  • 材料費: 合計5918円
  • 型紙: 茅木真知子『私の好きなシャツスタイル』より
  • 製作日数: 8~9日

このシャツブラウスは着ると体のラインに沿って、美しく見える。
古くさいかな?と心配したが、オーソドックスな形で私の体型には合っていたようだ。

茅木先生の本が10年経ってもロングセラーとして売れ続けている理由がわかった。

先日、実家に帰省する際に着ていったら、両親共「すごくいいね。上手に縫えている!」と大絶賛だった。
柄が私のキャラクターに合っており、顔写りもいいみたい。

この型紙はノースリーブで作っても良さそうだ。近いうちに色違いでもう1枚作りたい。

コメント

  1. ジョビーさん、こんにちは。
    素敵なブラウスですね✨
    高級感があります😍

    タナローン、薄い生地なので縫いにくそうですね。
    洗ってもシワにならなさそうなので、アイロンいらずなのが良さげです😀

    私は、というと…
    ひたすらニットを縫っております。
    最近は長袖Tシャツを作ろうと、たぶんここ1週間で30mは買ったような…
    毎日、水通し・乾燥、そして裁断・縫うを繰り返して、疲れております😵
    2日に1枚では生地が減らないので、1日1枚ペースでやっています。
    今日はTシャツには不向きな生地で、カーディガンを作成中です。
    ボタンホール、そのままでは縫えないフニャフニャな生地なので、紙やセロファンにはさんで試してみましたが。挟んだ紙、目打ちでガリガリやっても完全にはとれず、洗っても取れずでして。
    濃紺の生地に白い紙では、とれない紙が目立つので、紙をマジックで黒く塗りつぶして挟んで縫う事にしました。(←今ココ)

    ほぼ、息子&夫のメンズXLサイズの物ばかりですが。
    今の物が終われば、母のチュニックとカーディガンを作る予定です。
    男物ばかりはつまらないので😅

    ニット系の物ばかりも飽きてきたので、一通り生地を減らしたら、私もブラウスを作りたいです。
    立襟、丸襟は昨年作りましたが、オープンカラーの物はまだ作った事がないので、チャレンジしてみたいです。

    またまた長々と書いてしまい、すみません💦

    ジョビーさんが次に何を作られるのか、楽しみにお待ちしております☆

  2. FF様
    なんと、30mも買ったんですか! すごい!!
    ニットと一口に言っても、伸び方や厚みなどそれぞれ個性があるから、おもしろいでしょうね。

    布帛なら前立ては二重にしますが、そういえばニットは普通一重ですよね。
    そこだけ編み方を変えたり、別地にしているものも見かけますが……
    なるほど、しなやかな生地ではボタンホールがつれてしまいそうです。
    工夫して対処なさっているんですね。

    私はスカートを続けて縫いましたが、1着は失敗。(生地選びで失敗しました。)
    2着目をのろのろ縫っているところです。

    ゴールデンウィークはダラダラしてたら終わってしまいました。
    休みがあり過ぎるとだらけてしまって、普通に仕事しながらの方が捗るみたい。
    これから、渋滞していた記事を更新していきます。
    お読みくださってありがとうございます。☺️

タイトルとURLをコピーしました