ジョビー

まとめ

2021年のソーイングをまとめて振り返る《総集編》

ノルブリンカのモンペパンツ《2回目》……1月 2021年1月にミシンの練習を始めた。 まず最初に縫ったのは綿ローンのもんぺパンツだ。手縫いではこれまでに何枚も縫っている。 ミシンで菱形のクロッチを縫うのは難し...
パンツ

ウールのドレスパンツを作ったpart2〜縫製編〜【パタンナー金子俊雄の本格メンズ服】

ウールのドレスパンツとは、つまり、スーツの下に穿くようなパンツのことだ。 工程は非常に多いが、金子先生の指示は的確でわかりやすく、本の通りに進めていけばきちんとできる。とは言え、途中迷ったところや、理解しにくかったところ...
生地・素材

私のボタンコレクション&ボタンの選び方アイデア集

貝ボタンが好き 貝ボタンが好きだ。ボタン売り場に行くと、つい引き寄せられてしまう。 次に作るパジャマのボタンはぜひとも貝ボタンにしよう!と思い、『釦屋 Azuki shell Button』でボタンを探した。 『釦屋 ...
パンツ

ウールのドレスパンツを作ったpart1〜準備編〜【パタンナー金子俊雄の本格メンズ服】

パジャマの型紙を探したときに金子俊雄先生の本と出会い、かっちりしたメンズ服を縫ってみたくなった。 金子先生によるオープンカラーのパジャマは『オールシーズンのメンズ服』(日本ヴォーグ社)に収録されている。 メンズパン...
ミシン・洋裁道具

ロックミシン用の糸、少ししか使わない色の「色合わせ」はどうする?

新しい生地が手元に届いた。色名は「アッシュブルー」くすんだ明るいブルーだ。 販売ページにおすすめの糸の色が書かれていた。シャッペスパン94番だ。 さて、端かがり用の糸はどうするべきか。こんな明るいブルーは、この先あまり使いそう...
まとめ

2021年のソーイングにかかった費用《総まとめ》

去年ご好評をいただいたこのコーナー。 2020年は5万円ぐらいに収まったが、2021年はミシンを購入したこともあり、金額が大きく膨れ上がった。この先、ソーイングにこんなにお金を使うことは、たぶんもうないだろう……ないと思いたい。 ...
ミシン・洋裁道具

ロックミシンの糸を安く買う方法を調べた【フジックス】

ついに、重い腰を上げてロックミシンを買うことにした。やっと家庭用ミシンの「裁ち目かがり」とおさらばできる。やったね! 『yanのてづくり手帖』を参考に、糸は基本の色・よく使う色だけ備えて使いまわしするつもりだ。 私...
パジャマ・インナー

オープンカラーのパジャマを作ろうvol.1 〜用尺・生地選び〜

リックラックの型紙を利用して何度もレディースパジャマを作った。次はオープンカラーに挑戦したい。 金子俊雄先生の『オールシーズンのメンズ服』よりメンズの型紙を使用することにした。 パジャマのメンズ・レディースのサイズ比較...
まとめ

洋裁超初心者の失敗: 型紙の丈を直すときに前後の長さが合わない

スカートやパンツの型紙を写すときに自分仕様の丈に直したのはいいが、縫ってみると前後の丈が合わない。先日もそんなことがあった。 ジョビー パターンチェック用の試作品と言え、これは……!あやうくアンクル丈になるところだったわね...
ミシン・洋裁道具

ユザワヤ×フジックスの《マンセル》ミシン糸が安い!

「裁ち目かがり」は糸の消費が早い ヤフー知恵袋によると、60番のシャッペスパン普通糸(200m)は11mmのボビンに約60m巻けるという。 直線縫いだけならそこまで糸を使うこともなく、1着縫うのに1巻あれば十分だろ...
タイトルとURLをコピーしました