布団カバーの紐を結ぶのがめんどくさいので、自力でリフォームした

お直し
この記事は約3分で読めます。

布団カバーの紐を結ぶのがめんどくさい。
対処方法を検索すると、上位の検索結果は、例えば……

  • 割り切ってボックスシーツで代用する
  • 両側にファスナーのある「メリーナイト」のカバーに替える
  • 特殊なすべり止めを使用したニトリの「Nグリップ」に替える
  • スナップボタンでパチンと止めるタイプのカバーに交換する

など。

次回買い換える際はぜひ「スナップ止め」タイプを選びたいところだが……。カバーの肌ざわりにこだわったり、防ダニ加工にこだわるとそうもいかないかも?

ひとまず、現状のカバーに手を加えてスナップ止めできるようにリメイクした。

使用した材料

  • アイロン接着テープ
  • スナップボタン 8〜9mmのもの
  • ほつれ止め液(100均で購入できる。省略可)

リフォームの手順《例》

1. まず、クシャクシャに縮まっている紐(綾テープ)をアイロンで伸ばす。

2. テープを自立させるため、5cmの長さで二つ折りにする。折り目の内側にアイロン接着テープを挟み、接着する。

3. 2本目の紐を同じ長さに切りそろえ、同様に接着する。

4. 端はめんどくさいので切りっぱなしにして「ほつれ止め液」を塗った。

5. 周囲をぐるっとステッチで囲み、金属スナップを縫い付ける。完成!

感想

布団カバーの紐は8か所に付いている。
全部付け替えるのはめんどくさいので、今回は四隅+短辺の中心1か所のみを加工した。5か所で止めておけば、とりあえず間に合うだろう。

スナップがあると秒で止め外しができ、大幅に交換時間を短縮できる。快適だ……。

スナップ選びのポイント

プラスナップ

created by Rinker
清原(KIYOHARA)
¥449 (2021/10/22 13:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

わが家には金属スナップのストックがあるので流用したが、手持ちがない人、作業時間を短縮したい人には「プラスナップ」がおすすめだ。

なんといっても、縫わなくていい!

購入する際は予めテープの幅を測って、小さめを購入するといい。
大きさは9mmから。

打ち具

こちらは付ける際に専用の打ち具が必要となる。
「ハンディプレス」の方が安いが「卓上プレス」は力が弱い人でも軽い力で付けられて、作業が捗る。例えば、ベビー用品や介護用服などを作る予定がある人は1台持っていると便利だ。 

created by Rinker
清原(KIYOHARA)
¥1,600 (2021/10/22 13:03:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
清原(KIYOHARA)
¥2,775 (2021/10/22 13:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

ワンタッチ式プラスナップ ←おすすめ!

余計なものを買いたくない人は「打ち具不要」と書かれた「ワンタッチプラスナップ」を選ぶと、道具がなくてもスナップボタンが付けられる。
大きさは10mmから。

金属製スナップボタン←一番安い!

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥275 (2021/10/22 13:03:16時点 Amazon調べ-詳細)

縫い付ける手間はかかるが、最も費用が安いのは金属製のスナップボタンだ。
手芸店で買うと8mmサイズ、24組で300円程度。

100円ショップのダイソー、キャンドゥでも取り扱いがある。
100円ショップにプラスナップもあるが、13mm以上と比較的径が大きいもののみの取り扱いになるようだ。

参考価格(大体の価格):

  • プラスナップ(9mm)20組 350〜400円
  • ハンディプレス 1,500円
  • 卓上プレス 2,700〜3,000円
  • ワンタッチプラスナップ(10mm)6組 350〜400円

※上記は全てサンコッコーの製品価格。

  • 金属製・スナップボタン(8mm)24組 100〜300円

コメント

タイトルとURLをコピーしました