友人のためにカシュクールブラウスを縫った【きれいな服】香田あおい

トップス
この記事は約3分で読めます。
当サイトでは、アマゾン、楽天のアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

友人・Kさんの誕生日に合わせてブラウスを仕立てる企画。今年は3年目となった。

  • 生地: ファブファブリック コットンブロード(ライトグレー×ストライプ)
  • 型紙: 香田あおい『きれいな服』Lesson2基本形のアレンジ
  • 制作日数: 3日間 縫製9h40m
  • 完成: 2024年4月18日

型紙

created by Rinker
¥1,650(2024/05/28 01:36:28時点 Amazon調べ-詳細)

香田あおい『きれいな服』より、Lesson2基本形のカシュクールブラウスをアレンジした。

元々の寸法は下記の通り。

  • 前身頃42.4cm:後ろスカート73.3cm……0.72倍ギャザー
  • 後ろ身頃27.2cm:後ろスカート45.8cm ……0.66倍ギャザー

仮縫いして試着してもらったら「ギャザーが多いかも?」という感想で少し減らすことにした。

もとのギャザー:0.7倍→アレンジ後:0.5倍に変更。

ギャザーの分量が落ち着いて、ウエストの下のスカートがすとんと落ちる形になった。このほうが大人っぽい。

ギャザーの計算方法は『誌上パターン塾 vol.1』p102を参考にした。
『誌上パターン塾』によると、0.7倍は多からず少なからず中庸。0.4倍がギャザーを入れるデザインとして最小の分量と書かれている。

縫製

今回の生地はアイロンが効きにくく苦労した。形状記憶みたいにハリがあり、アイロン後はすぐに縫わないと元に戻ってしまう。
特に、一番目立つ胸元は縄になってほしくないところだ。しつけをして、ぴったり押さえてから縫った。

すいすい縫えて終わりに近づき「調子がいいな」と思っていたところで凡ミス。
前身頃をロックミシンで縫いこみ、ざっくり切ってしまった。(あるあるすぎる悲しいミス!)

ジョビー
ジョビー

うそでしょ! もう生地がないのに……

生地を買って一からやり直そうかと思ったが……。
これ以上、Kさんにばっちり合いそうな生地を、あと数日で探すなんて無理だ。

よく考えて、はぎれを横地に取ってぎりぎりで裁断した。
そのため、前身頃だけが横縞になっているが、かえってアクセントになっていいんじゃないかな?

うまいことリカバリーできた。

写真撮るの忘れちゃったんだけど、内側のひも2本と見返しは、以前仕立てたブラウスの余り布(変わりストライプ)を使用している。

感想

Kさんは袖を通すなり「すごく着やすいね!」キモノスリーブがお気に召したようだ。
なで肩だったり、スポーツで肩の筋肉が発達した人には着やすい形じゃないかと思う。二の腕も心配だったので、5mm外側を縫ってゆるくしておいた。

着付けのポイントとしては、ひもを絞りすぎず、ゆとりをもって結ぶこと。裾線が水平に来るように肩の位置も合わせると美しく着られる。

このデザイン「素敵だな」と思って仮縫いをはおってみたりしたが、どうにも似合わないし、パートナーからも「変だね。作務衣みたい」と言われた。雰囲気が合わず浮いてしまうのだ。

自分が似合わない服でも、着こなしてくださる方がいてくれるおかげで、ギャザーも何度も縫わせてもらい、以前より上達したと思う。
来年はどんなのを提案しようかな?

カテゴリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントはこちらから(お気軽にどうぞ)

タイトルとURLをコピーしました