リックラックの型紙で夏のマキシ丈ワンピースを縫った

ワンピース・スカート
この記事は約2分で読めます。

洋服作りも10着作ったら少しは慣れて、そろそろチャレンジパターンに挑戦しようという気になった。
真夏向きのノースリーブワンピースを作った。

苦労したところ

リネンの扱いを知らず、水通ししようとして洗濯機にかけたら毛羽がボロボロと出て大失敗だった。たっぷりの水で2度すすぎ、短時間脱水することによってリカバリーできた。

裁断も一部失敗してしまい、ぬいしろが足りなかったのでほぼ全てのぬいしろをふちどりテープで包んで始末した。

裏側の始末にテープを使う際は、裏地用の生地などを幅4cmに切ってバイアステープを作るとよい。(今回は綿ローンを使用し、いろんな幅で作ってみたが、ざっくりぬいしろ×4倍幅でOK)

薄手の生地を使用することにより、細いカーブもきれいに始末できて表にひびかない。

感想

別売の仕様書を購入して見ながら行ったので、技術に自信がない私でも迷うところはなかった。

襟ぐり袖ぐりに十分な大きさがあって、かぶりで着やすく、インナーがチラ見えしない仕様になっている。
シルエットはIラインですっきり。後ろにたっぷりのタックがあり、足さばきがよい。

普段は膝丈(着丈90cmくらい)のワンピースを好むが、この型紙に関しては110cmのマキシ丈のままでも涼しくて着やすい。いい型紙だと思う。

たくさん着て着古したら、次は色違いで作ってみたい。

追記:2020年9月

この型紙はすごく良かったので、また作りたい。

ポケット周りなどふちどりで始末するところは、次回は安い裏地用の生地を買って、大量にふちどりテープを作ろうと思う。(その方が、市販のテープを買うより安くできそう。)

一方、このとき使用したリネンの生地は、「すごくいい」とは言えない。
じゃぶじゃぶ洗うと毛羽が立つので洗濯に神経を使う。ポケット周りの、生地が重なる部分で乾きが悪いのも気になった。
ポケットは同系色の薄い布を使った方がいいように思う。

綿ブロードなどを選んだ方が風合いも保たれるし、費用も抑えられるだろう。
リネンの風合いは夏らしくて素敵だが、洗濯に手間をかけたくない私には向かない素材だった。
次回作るときは生地を変えて作りたい。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました