リックラックのヨーロッパリネン〜和〜を使用した正直な感想

生地
この記事は約4分で読めます。

Rick Rack(リックラック)の「ヨーロッパリネン〜和〜」は中厚で透けにくい生地だ。
これで夏のワンピースを作ったら、縫いやすく、涼しい素材と感じた。重ね着前提なら冬服にも使えそう。

この記事では、質感・縫いやすさ・洗濯方法・色味などについて私なりの感想を述べる。

素材感

  • ざっくりした質感で、毛羽立ちやすくネップができやすい。
  • 毛羽立つと本来の色味より少し白っぽくなる。
  • ネップが気になるときは、表から針の頭を通し、丁寧に裏側に出すとよい。
  • 上質なリネンというより、お手頃価格で品質もそれに見合った商品と感じる。

縫いやすさ

  • 中厚で縫いやすい。
  • 折りふせぬいもしやすい。
  • 布端からボロボロと糸クズが出やすい。

水通しの方法

水通ししようとして、洗濯機にかけたら失敗だった。
切れ端から糸が出て絡まり、驚くほど大量の毛羽が出てボロボロ落ちた。

リネンは雑な扱いをしてはいけない!

リネンの扱いを調べたところ、たっぷりの水に2時間ほど付け、やさしくすすぐと書いてあった。その後は陰干しして、生乾きの状態で仕上げにアイロンを掛けるとよい。

たっぷりの水で2度すすいで短時間の脱水にかけたら、大きな毛羽は大体取れた。

リネンの服の洗濯・お手入れ方法

リネンは雑に扱うと毛羽が出て劣化しやすく、みすぼらしくなりやすい。

シャワーで水をジャージャー掛けて優しく押し洗いし、1〜2分脱水して陰干しするといい。日に当てると褪色するので室内に干すか、裏返しにして干すのがおすすめだ。

中温でアイロンを掛けるとパリッとするが、テカリが出やすいので当て布をした方がよい。

追記:
ワンシーズン着てみて、じゃぶじゃぶ洗うと毛羽立ちやすいと感じた。
また、ポケットの部分など生地が重なる部分は乾きが悪く、扇風機の風を当てるなど、神経を使う。
普段着のお手入れにそこまで気を使いたくないという人には、おすすめできない生地だ。

ヨーロッパリネン〜和〜の色味

事前に色見本を購入して、検討した。

【12】ヨーロッパリネン -和-色見本 | 生地と型紙のお店 Rick Rack

イエローベースの人に似合いそうな色が比較的多い。特にパーソナルカラーが秋の人は「黒」「濃鼠」「牡丹」「千歳緑」の4色以外、ほとんどが似合いそうだ。

以下に、パーソナルカラーについて資格を有しない私の独断による分類を記す。
参考のために自分で撮影した画像を掲載するが、正確な色を表現したものではない。正確な色味は、公式サイト・出典元の書籍にあたってご確認いただきたい。

参考にしたカラーチャート《オータムカラー》

出典:骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

他の本もいろいろ見たが、上記の書籍がカラーチャートが一番見やすく、使いやすい。

ブルー系は意外と、どれもオータムの人に似合いそう。私の感覚では藍色ってブルージーンズに近く、比較的だれでも似合いやすい色と感じる。

ヨーロッパリネン〜和〜 ブルー系のみ
  • 「藍鉄」はキャンドルブルー(オータム)に近い。
  • 「青藍」はキャンドルブルーにもっと青味を足した感じ。
  • 「藍墨」はインディゴ(サマー)に近い。
  • 「濃藍」はブルーブラック(オータム)に近い。

ブルー系以外は……

ヨーロッパリネン〜和〜
  • 「茜」は原色に近い赤で万人向け。
  • 「山吹茶」はマスタード(オータム)に近い。
  • 「白雪」は真っ白で万人向け。
  • 「霞」はグレージュっぽいナチュラルリネンに近い色味だ。
  • 「紅藤」はプラム(オータム)に近い。
  • 「柳」はオリーブ(オータム)に近い。
  • 「桑の実」はプラム(オータム)を濃くして少し青味を足した感じ。
  • 「焦げ茶」はバーガンディー(ウィンター)に近い。
  • 「最中」は最もナチュラルリネンに近い色味だ。

フランス産ピュアリネンとの比較

ブルー系の色味が気になり、ピュアリネンの見本も取り寄せた。

ピュアリネン・ブルー系

こちらは薄手でやや透け感がある。

  • 「プルシャンブルー」はブルーらしい冴えたブルーで万人向けだと思う。一番近いのはブリリアントブルー(ウィンター)だ。
  • 「スレートブルー」は判断が難しい。ミッドナイトブルー(ウィンター)のような、ちょっとだけ赤み寄りのブルーだ。
  • 「ミッドナイトブルー」はブルーブラック(オータム)に近い。

このシリーズはいずれも微妙な色味で、ブルベ・イエベどちらの系統なのか判断に迷った。

着用した感想

ヨーロッパリネン の「青藍」で夏のワンピースを作った。さらっとしていて涼しく着やすい。ノーアイロンで普段着にするつもりだ。
縫っている間にも少し毛羽やネップが出てきて、おしゃれ着にはあまり向かない生地だと感じた。

ビフォー:洗濯1回目

また、このシリーズはつねに全色在庫しているわけではない。在庫がなくても近日中に入荷する可能性もある。詳しい情報は、ショップに直接問い合わせするのが確実だ。

ヨーロッパリネン -和- | 生地と型紙のお店 Rick Rack

コメント

タイトルとURLをコピーしました