裾が揺れるキャミソールドレスを縫った【Rick Rack】

ワンピース・スカート
この記事は約2分で読めます。

2020年10月に作ったキャミワンピをよく着ているので、春向けにもう1枚作ることにした。
春らしく、たっぷりのフレアが揺れる効果を期待して生地を選んだのだが……

型紙

リックラックのキャミソールドレスの型紙を使用した。
リックラックでは似たような型紙が、ギャザーキャミワンピース、ギャザーキャミワンピ(2)など複数あるが、私が選んだのは前がV字に大きく開いた形で、ギャザーがなくIラインに近い形だ。

本を見ながら、両側にシームポケットを付けた。
左側が、前回使用したリックラックの別のワンピースの型紙。(こちらの方が縫いやすかった。)
右が『工夫されたポケットの縫い方』を見て、自分で製図した型紙。

直線ミシンで縫ったポケット

慣れないロックミシンで袋縫いしようとしたら、難しかった。カーブが曲がりきれず、縫い目が落ちてしまう。直線ミシンでやり直したら、こちらの方がまだマシだった。

また、今回、丈の補正を変えたら前回より2cm長くなってしまった。

生地

選んだのは、テトロン(ポリエステル)×レーヨンのギャバジン。
レーヨンが入っており、とろんとした落ち感はあるが、生地にしっかりとハリがあって、ヨレない。透けない。薄いわりに目が詰まっていて重い。


できあがりの重量は328g。ウールで作ったときと比べて24gしか変わらない。
前回より丈がわずかに長いので、同じ長さに詰めたらもう少し軽いかも。

いずれにしても、風に吹かれて揺れるほど軽くはない。動きにつれて、ゆらゆら、という感じだ。

完成

  • 生地: 生地のオガワ・ポリエステルレーヨンギャバジン(チャコール)148cm幅×1.9m
  • 材料費: 5434円
  • 型紙: リックラック No.113 キャミソールドレス
  • 製作日数: 6日 裁断・印つけ1.5h、縫製8.0h
  • 完成: 2022年4月16日

2月中にレンタルミシンでほとんど縫えていたが、肩紐が長かったので、いったんほどいて調整した。これで6cmもカットしているのだから元が長すぎる。

こうして見ると、裾も長く、重たい感じだ。
やはり2〜3cm調整した方が良さそう。一度調整した後で、下手にいじるもんじゃないなと反省した。

チャコールグレーで、色も重い。次回は思いっきり淡い色を選んで、軽い素材で作ってみたい。

カテゴリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. FF様
    そうなんです、ふくらはぎの太いところは見せたくないので、丈が難しくて。
    道行く女性のスカートを見ていても、今年はかなり、足首すれすれの長い丈が流行っているので「これはこれで、いっか」と思ってたまに着ています。

    着心地はいいですが、今度は軽い素材、試してみます😉

  2. ジョビーさん、こんにちは😃

    リックラックさんのキャミドレスを作られたのですね✨
    裾の長さ、私はこれくらいが良いです。足が太いので、全部隠したいから😁

    オガワさんの生地で縫われたのですね。
    生地自体は、サラリと気持ち良いのではないでしょうか?✨

    ポケットの縫い代のカーブのロックかがり…これは私も苦労しております😢特に入り口付近のカーブが…

    次は淡い色の軽い素材で作られるのですね。楽しみにしております☺️

タイトルとURLをコピーしました