久留米絣をつないでポケットを作った

生地
この記事は約2分で読めます。

 半年前メルカリで久留米絣くるめがすり のはぎれを売っているのを見つけて衝動買いした。

久留米絣はぎれ6柄セット

久留米絣のなんたるかも知らず。ただ、かすりっていいよね……ってそれだけで。

考えてみたら、寝室のカーテンに絣をモチーフにしたニトリの「カスーレ」を採用しているのだった。
絣っていいよね……!(2回目)

出品者はどうやら久留米絣で傘を作っている業者らしく、同じ柄のはぎれのセットを同一価格で次々に出品している。傘を作ったあとの切れ端だから「三角形ですが2枚合わせると柄違いの長方形ができます。小物制作にいかがですか?」と本文に書いてあった。

メルカリではぎれを買ってパッチワークする人なんてごまんといるのだろう。

調べてみたら、久留米絣は縦方向に柄があるものが多いためか、ストライプ状に柄を配置してパッチワークしている人が多い。なるほどね……。

私は「ザ・パッチワーク」という大作より、ポイントでちょこっと使う方が好みだ。機会があったら、そんなふうに使ってみようと考えた。

パッチワークポケットの作り方《例》

1. 柄の配置を決め、まち針で止める。

2. 縫い合わせる部分にチャコペンで印をつけ、縫う。

3. アイロンを掛け、ぬいしろを倒す。(何枚かつなぎ合わせる場合はぬいしろを同一方向に倒すなどして、表に響かないように工夫する。)

4. 裏側に接着芯を貼る。

5. ポケット口を折って、ステッチする。

6. 3方向にアイロンでしっかり折り目をつけ、本体に縫い付ける。

裏側
表側・完成図

感想

三角形を生かす形でうまいことできた。織物の耳を利用した両側部分は始末が不要だ。

今回は白地をなるべく多く生かすように配置してみたが、うーん。上下を逆にしても良かったかも……(その場合、ポケット口はぬいしろを多めに取るので白の配分が少なくなる。)

私は頭の中で図柄を配置したり、組み替えて考えるのがすごく苦手だ。自分で手を動かして初めて会得できるタイプ。なんでも少しずつ挑戦して学ぶのを楽しんでいる。

次回は、ストライプ状に柄を組み合わせるパッチワークをしてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました