予算10万円。知識ゼロからの職業ミシン選び

ミシン・洋裁道具
この記事は約6分で読めます。

家庭用ミシンを使い慣れ、次は職業用ミシンを使いたいと思ったときに、わからないことばかりで調べるのに時間がかかった。
専門店に行けば親切に教えてくれるはずだが、今時は私と同じようにネットで情報を集め、通販で買う人も多いのではないだろうか。

この記事ではミシン選び初心者の私が、1か月かけて調べた内容と選択のプロセスを紹介する。

ファーストミシンの選び方

入門機は2〜5万円で選び、使い方次第でグレードアップするのが普通だと思う。
せっかく買っても全然使わない人もいるらしい。それではもったいない。
初期は1台しか買わないのであれば家庭用ミシンで。2台目以降はロックミシンにするか職業用にするか迷うところだ。

スペースに余裕があれば3台備えるのが理想だ。職業用を買っても家庭用は残しておけば、ボタンホールや、糸を変えて縫いたいときに便利だ。

家庭用で良いものを選ぶならJUKIの「エクシード」シリーズがおすすめ! ただし、性能がいい分、お値段も職業用並みだ。

ミシンの値段を知りたい

ネットでは売値を明かさず、定価の下に「大幅お値引き可能、価格はお問い合わせください」と書いてあることが多い。
問い合わせすると、すぐに価格の返答があり、余分な営業に悩まされる心配もない。
会員登録すると全ての売値を見せてくれるサイトもある。
私が調べた範囲では、職業用ミシンは7〜10万円で購入できるものが多い。実際に私が購入したミシンも10万円でお釣りが出た。

価格重視、もしくは、コンパクトな機種を求める人にはブラザーのヌーベル470が人気のようだ。

機種の絞り込み

第一に、職業用ミシンは針で選ぶ。

自動糸通しが欲しければHL針、針の性能と丈夫さを求めるならDB針だ。
「どちらでもおんなじ、縫い味は変わらない」と言う人もいるが、私の感覚では明らかにDB針の方が縫いやすかった。

簡単に言うと、HL針は家庭用針と同じく片面が平らになっており、家庭用より丈夫な針だ。
DB針は柄の部分が丸いため、丈夫さではさらに上となる。
また、針のバリエーションがHL針より多く、縫うものによって先端の形状や、表面のコーティングが工夫された針など、針を変えて縫うこともできる。

オルガン社の職業用針のラインナップはこちら

いちいち針を変えずに基本の針で全部縫うのであれば、針のバリエーションまで気にする必要はない。


次に重要なのは、何を縫うか。薄いものを縫うのか、厚いものや革もある程度縫える方がいいのか。
あとはスペースの問題だ。本体の大きさ、重量など。

特にこだわりがなければ、ブラザーのヌーベル470、ジューキのシュプール30DXが人気がある。比較的コンパクトだし、人気機種を選んだ方が価格もリーズナブルだ。
この2つの機種はHL針で自動糸通しが付いている。
ただし、この自動糸通しが使いやすいかどうかは人による。購入前に試してみることをおすすめしたい。(私は使いにくくてイライラしてしまい、向かなかった。)

私が選んだのは「エクシムプロ9600」

私はブラザー、ジューキ、ベビーロック3社のミシンをレンタルし、最終的にベビーロック社のエクシムプロ9600を選んだ。
あくまでも個人の感覚だが、押さえが安定してずば抜けて縫いやすいと感じた。
たった2時間使っただけでは、自分の感覚に自信が持てなかったので、3機種をレンタルした後で確認のため、もう一度借りて試してみたが、エクシムプロはダントツだった。
欠点は糸切りがうるさいことぐらい。

あまりレンタルでは見かけない機種だが、東京・大阪にベビーロック社のスタジオがあり、ミシンの時間貸をしている。

レンタルミシンの料金の目安

時間貸は1時間1,000円程度が相場だ。
ある程度使い方がわかっていれば1時間でも十分使い心地は判断できる。

ミシンの使い方がわからない人、ゆっくり判断したい人は宅配レンタルで1週間借りるのがおすすめだ。
レンタルミシンの相場は1日1,000円。栃木のユザワヤは3日から、東京のマイミシンでは6日から貸してくれる。

購入店をどう選ぶか

ミシンはアフターサービスも重要だ。
故障することなく使い続けたとしても、定期的なメンテナンスは欠かせない。
目安は10年に1度のオーバーホール。
長く使い続けることを考えれば、個人店よりはもう少し大きな会社だったり、ユザワヤ、シュゲールのような大手チェーンを利用するのが安心だろう。

10年後にもし、購入店がなくなってしまったとして……メーカーに問い合わせすれば、対応してくれる店を紹介してもらえる。そのように割り切るなら、ネットで安い店を探して買っても問題ない。

私は何社か見積を依頼して、一番安かった埼玉の「ミシンショップつるや」で一式購入した。
つるやさんではエクシムプロが安く、他の機種とほとんど価格差がなかった。店によって価格がかなり違うので、機種を決めたら、たくさん見積を取って比較するのがおすすめだ。

ジョビー
ジョビー

ちなみに専用テーブルと「押さえ」も他社より安かったよ!(2022年3月時点)

おまけ:購入にあたり私が参考にしたページ

そもそも職業ミシンがなにかわかっていなかった頃に知恵を授けてくれた匿名ダイアリー。

かたやまゆうこ先生の教室では、職業用はヌーベル、シュプールをおもに使用。

文化服装学院講師・ぬいぺ先生のイチオシは、エクシムプロ9600。

EP9600の中身はジャノメって本当!? 周辺機種のマニアックな話。

ジョビー
ジョビー

エクシムプロの中身がジャノメと知ったのが後の方だったので、ジャノメ製は全く検討しなかったんだけど、先に知っていればジャノメを選んだかも。
ただ、ジャノメは宅配レンタルしているところを見つけられなかったんだよね〜。
使いもせずに買うという選択肢は私にはないので、そこが惜しかった!

new!!私のミシンコーナー、最終的にこうなった。

カテゴリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントはこちらから(お気軽にどうぞ)

タイトルとURLをコピーしました