まとめ

2020年、ソーイング費用に幾らかかったか?

2020年はソーイングに熱中し、あまり洋服を買わなかった。では、生地や資材にどのくらいお金が掛かっただろうか? まとめてみた。 生地代 ボートネックプルオーバー……リバティ、タナローン、計算外(数年前の購入品、6,000円ぐら...
ワンピース・スカート

初めて、ミシンでウールを縫った

秋にワンピースを縫った残りの生地(フラノ)でスカートを縫った。 リックラック型紙NO.30「セミタイトスカート」仕様書より この型紙、コットンの生地で一度試作したが失敗し、母から酷評されたものだ。出来栄えや、いかに! ミ...
お直し

簡単お直し:祖母の昭和レトロ服に少しだけ手を入れた

祖母が若い頃に着ていた洋服を譲り受けた。認知症になる前の祖母はセンスが良くおしゃれな人だったから、今見ても「なかなかいいな」と思うものが多い。 古くさいところ、自分の体に合わないところは少しだけ手を入れて、ドシドシ着たい。 抽...
ミシン・洋裁道具

年代物のブラザーのミシン台を手入れして使用している話

昨秋、祖母から古いミシン台とミシンを譲り受けた。 家財便で送る際にテーブルを広げて、びっくり。謎の穴が開けられているではないか! 祖母がどのようにして使っていたのか、わからないが……どうもミシンを買い替えたとき...
ミシン・洋裁道具

アイロン周りのグッズを100円ショップ・ダイソーで調達した

スタンド型のアイロン台が欲しい。高さが調節できて、イスに座ったまま作業ができるタイプだ。 しかしスペースもないし、趣味のソーイング(それも初級レベル)には贅沢だよな〜〜と思いとどまっている。 今使っているのは平型のごくベーシッ...
ミシン・洋裁道具

ミシンの練習を始めた

年末年始の休みを利用してミシンの練習を始めた。 ミシンに触るのは小中学校の家庭科の授業以来だ。当時は糸の掛け方からして複雑で全く理解ができなかった。1人の先生が30人の子どもを一斉に教えるような体制では、致し方ない。 しかし、...
まとめ

2020年のソーイングをまとめて振り返る《総集編》

2020年はソーイングが捗り、15着の洋服を縫うことができた。多くはブログで紹介したが、もう一度、生活の中で着用した感想などをまじえて振り返りたい。 1. ボートネックプルオーバー・・・1月 大川友美さん『いつ...
お直し

布団カバーの紐を結ぶのがめんどくさいので、自力でリフォームした

布団カバーの紐を結ぶのがめんどくさい。対処方法を検索すると、上位の検索結果は、例えば…… 割り切ってボックスシーツで代用する両側にファスナーのある「メリーナイト」のカバーに替える特殊なすべり止めを使用したニトリの「Nグリップ」に替え...
ミシン・洋裁道具

祖母のミシンと洋裁道具をまとめて受け継いだ

名古屋の祖母が使わなくなったミシンと洋裁道具をいただいた。 名古屋といえば、ミシンはブラザーと相場が決まっている。 祖母が長年愛用していたミシンは調子が悪くなり、新しくコンピューターミシンを買い求めた。ところが...
お直し

スカートのダーツをほどいてウエストを広げた

祖母が若い頃に着ていたツーピースをゆずり受けた。石垣みたいな抽象柄がド派手で気に入っている。このスカート、私が着るとファスナーが途中までしか上がらない。 「ジャケットを着ればわからないだろう」と軽い気持ちでもらってきたが……...
タイトルとURLをコピーしました