まとめ

【初心者向け】骨格ストレートに似合う型紙・ベストセレクション

人気のパターンブックをいろいろ見たが《骨格ストレート》向きの型紙は少ない。1冊につき、1〜2種類しか「似合うものが見つからない!?」ということも。 最近の流行は身幅たっぷり。袖のデザインが工夫されていたり、ボトムもワイドだったりタッ...
未分類

『分解布 200年前の感動を織りあげる』&『半・分解展』再訪の感想・レポート【2021年4月】

noteの期間限定記事を読んだ 『半・分解展』を訪れた後、特別展示『分解布 200年前の感動を織りあげる』を手がけた上村直也さんのnoteを読んだ。 これはすごい! 200年前の高級ウールは、薄く肌触りなめら...
未分類

『半・分解展』の感想・レポート【2021年4月】

初めて訪れた『半・分解展』。夕方で混んでるかなーー?と心配したが、お客さん、みなさんお行儀がよかった。1hほどかけてゆるりと見学しつつ、気になるものを1着ずつ試着させてもらった。 この記事では、洋裁初心者の目線で試着した感想を紹介す...
トップス

リバティプリントでオープンカラーシャツを縫った【私の好きなシャツスタイル】茅木真知子

年に一度は奮発してリバティプリントで服を作ることにしている。今回私が選んだのは、ヒマワリの柄。カラーバリエーション豊富な人気のスモール・サスだ。 イエローとネイビーで迷って、ネイビーを選んだ。というのも、去年同色でメンズのシャツを作...
トップス

茅木真知子先生の型紙でオープンカラーシャツを作りたい

茅木真知子先生の『ホームクチュールセレクション』は、これまでに出版された23冊の中から茅木先生がもう1度作りたい型紙を20点選び、掲載した本だ。今の気分に合わせて元の型紙に少し手を加え、アップデートされている。 こちらは『私...
ワンピース・スカート

家庭用ミシンでニットは縫えるのか、試してみた

ウエストゴムのスカートを分解して型紙を取り、既製服のコピーに挑戦した。 元は裏起毛のスウェット地。 元のスカート 今回使用したのは日暮里のトマトで購入した詳細不明のニットだ。2枚の生地を重ねた間に細かく糸が渡っている。た...
ワンピース・スカート

既製品のスカートを分解して、型紙を取った

Twitterで衣服標本家の長谷川彰良さんをフォローし、刺激を受けている。100年前の衣服を半分分解し、型紙に起こして再現・魅力を伝える活動をしている方だ。 衣服標本家:長谷川 (@rrr00129) | Twitter 18...
生地・素材

ラッセルレースを2枚縫ってわかったこと《まとめ》

レースのブラウス2枚目を縫った。型紙は「クルール」の2重仕立てブラウス。 こちらの型紙から仕様変更して、袖もレースで仕立てた。 スカラップを利用するため前回より柄合わせが難しかったが、全体で見れば縫製は1枚目より上達している。...
ミシン・洋裁道具

ベビーロックミシンの講習会に行ってきた

先日オープンしたばかりのベビーロックの工房を見学した。すごくおもしろかった。一気にベビーロックのファンになった! 2階スタジオで開催されるロックミシンの講習会は人気だが、日によって空きがあるようだ。 ベビーロックスタジオ 日暮...
生地・素材

通販で購入した生地に「糸引き」を見つけたら、どうする?

ラッセルレースの生地でブラウスを縫った。 袖の使用を変更し、一番最後に裁断して付けようとしたのだが、あれ???糸を引いてるぞ……。 裁断するときに自分でやってしまったのか、それとも元々こうだったのか悩んだ。 裏側...
タイトルとURLをコピーしました