ロックミシン用の糸、少ししか使わない色の「色合わせ」はどうする?

ミシン・洋裁道具
この記事は約3分で読めます。

新しい生地が手元に届いた。
色名は「アッシュブルー」くすんだ明るいブルーだ。

販売ページにおすすめの糸の色が書かれていた。シャッペスパン94番だ。

さて、端かがり用の糸はどうするべきか。
こんな明るいブルーは、この先あまり使いそうにもない。キングスパンなんか買ったら多すぎて持て余すんじゃないかな〜。

趣味の洋裁で使うロックミシン糸の量は……

yahoo知恵袋をチェックしたら、実際にほどいて調べた人がいた。

ロックミシンで10m縫うために……

針糸:15m×2=30m
ルーパー糸:60m×2=120m

合計:150m

趣味の洋裁で1着につき10mも縫うことはまずない。普通はそれ以下だろう。
シャッペスパン#90が300m巻だから、自分でボビンに巻いて使えば工業用糸を買うより安上がりだ。

あまり使わない色はシャッペスパンにして、たくさん使いそうな色だけ工業用を使うのが良さそうだ。

マストバイの4色

いろんなサイトを見ても、白(生成り)、黒、ベージュ、グレーは最低限揃えましょうと書いてある。

私も上記の4色は「ボビン」で工業糸を小分けにしてもらい、あまり使わない色はシャッペスパンで。シャッペスパンでどうしても色が合わないときはキングスパンを1巻買って、自分でボビンに巻くのもいいな〜と思った。

シャッペスパン#90は全部で200色。色の数は、キングスパン#90の方が倍以上多い。

名称長さカラー参考価格
シャッペスパン#60200m300色210円
シャッペスパン#90300m200色240円
キングスパン#905000m411色430円
比較表:参考価格は「ボビン」より単体での価格

以前、シャッペスパンを選んだときにグレーのバリエーションが少なすぎると感じたことがある。
#60は300色から選べるが、このうちグレーはおよそ35色。#90では200色中、およそ26色だ。
微妙に黄色がかったり緑がかったり、あるいは青みがかったりする中からちょうどいい濃さのグレーを選ぶのは難しい。

一方、キングスパンならグレーの濃淡だけで60色以上あり、合う色を見つけやすい。

私の好きなチャコールグレーも、キングスパンの中にぴったりの色(784番)があった。
そんなわけで、まず最初にすぐに使いそうな生成り・チャコールの2色の小分けと、今回必要とするブルーのシャッペスパン#60と#90を1巻ずつ注文した。

レターパックの送料がかかるが、大体の糸は「ボビン」で買うと安い。

工業用の糸を自分でボビンに巻く

工業用の糸をボビンに巻くときは糸立てが必要になる。また、ボビンも多めに必要だ。

created by Rinker
ブラザー工業
¥580(2022/01/24 11:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

  • 白(生成り)、黒、ベージュ、グレーなどよく使う色は、工業用糸の小分けサービスを利用するとお買い得だ。
  • 工業用糸を1巻だけ買って自分でボビンに巻くのもあり。
  • 少ししか使わない色は、シャッペスパン#90(300m)をボビンに巻いて済ませるのが経済的だ。

カテゴリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました