ロックミシンの糸を安く買う方法を調べた【フジックス】

ミシン・洋裁道具
この記事は約4分で読めます。

ついに、重い腰を上げてロックミシンを買うことにした。
やっと家庭用ミシンの「裁ち目かがり」とおさらばできる。やったね!

yanのてづくり手帖』を参考に、糸は基本の色・よく使う色だけ備えて使いまわしするつもりだ。

私がよく使いそうな色は、生成り、ベージュ、グレー、ブルー、黒あたりかな。

ロックミシン糸は何巻必要なのか

初心者なので基本的なことから調べた。

  • 端かがりなら:1本針3本ロック(3巻とも90番でうすく仕上げるのが基本)
  • ニットソーイングなら:2本針4本ロック(左側の針糸2本は60番・右側のルーパー糸は90番を使い分けるなど)

ニットソーイングは人によって意見が分かれる。
針糸だけ60番にして強度をあげた方がよい(特に子ども服)という意見もあれば、60番は直すときにほどきにくいので、大人の服は全部90番でいいという意見も。

私はめんどくさがりなので基本は90番を3巻セットで購入して、ニットを縫うときだけ、左針糸に60番をセットして使ってみようと思う。

フジックスのロックミシン用糸は2種類

私が信頼するフジックスでは、ロックミシン糸は「ハイスパン」と「キングスパン」の2種類がある。

品質はフジックス公式を見比べてもなにが違うのかわからないぐらい共通だ。
違うのは長さとカラーバリエーション

名称長さカラー参考価格
ハイスパンロック#901500m80色550円
キングスパンロック#901000m100色297円

参考価格はオカダヤ公式より。(2021年12月調べ) 
オカダヤではハイスパンって割高だ。

安価なロックミシン糸として知られるダイヤフェザーの90番(1500m)は176円から
これなら3本買っても528円。カラーは20色だ。
ただ、最近出版された本の中に「品質が劣るので縫い目に影響が出る場合も……」とはっきり書いてあるのを見た。どのくらい影響が出るかは使い方次第だろう。

キングスパン糸を小分けで買うのが一番お買い得!

インターネットの糸屋さん「ボビン」では、ミシン糸を小分けにして販売している。

例えば、キングスパンの90番(5000m)を3巻に小分けすると、手数料込みで770円。
オカダヤでキングスパンロックを3巻購入すると3000mで891円だから、たくさん使いそうな糸は「ボビン」で小分けにして買う方が断然お得だ。

キングスパン糸のうち、家庭用として販売されているのは「キングスパンロック」の1000mだけ。
それとは別に工業用として、5000m、10000m、20000mといった長い巻も販売されている。
「ボビン」が小分けして販売しているのはこうした工業用の糸だ。

名称長さカラー参考価格
キングスパンロック#901000m100色297円
キングスパン#905000m411色430円
キングスパン#9010000m181色690円

品質表示は「ハイスパン」や「キングスパンロック」と全く同じ。

5000mの糸のみ、カラーバリエーションは411色と多い。
(参考価格は1000mのみオカダヤ、他は「ボビン」での1巻あたりの価格だ。)

あると便利な見本帳

早速、工業用キングスパン糸(411色)の見本帳を取り寄せた。

created by Rinker
フジックス(Fujix)
¥2,100(2022/01/24 01:58:22時点 Amazon調べ-詳細)

家庭用糸の「キングスパンロック(100色)」「ハイスパンロック(80色)」もそれぞれ見本帳が存在する。

見本帳はフジックス公式の「糸屋さん」に全て揃っており、Amazon、楽天でも購入可能だ。

終わりに

ロックミシン用の糸のうち、たくさん使いそうな色は、キングスパン・90番を小分けにして「ボビン」で購入するつもりだ。

【追記】少ししか使わない色は、5000mもあると多すぎる。もっと少ない巻でいいだろう。

ちなみに「ボビン」では、直線縫いに使うシャッペスパンミシン糸・60番も210円と安い。

小分け糸を1セット送るのに350円、2〜4セットで520円の送料がかかる。
送料がもったいないので、計画的にまとめて注文したい。


カテゴリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました