まとめ

洋裁超初心者の失敗: 型紙の丈を直すときに前後の長さが合わない

スカートやパンツの型紙を写すときに自分仕様の丈に直したのはいいが、縫ってみると前後の丈が合わない。先日もそんなことがあった。 ジョビー パターンチェック用の試作品と言え、これは……!あやうくアンクル丈になるところだったわね...
ミシン・洋裁道具

ユザワヤ×フジックスの《マンセル》ミシン糸が安い!

「裁ち目かがり」は糸の消費が早い ヤフー知恵袋によると、60番のシャッペスパン普通糸(200m)は11mmのボビンに約60m巻けるという。 直線縫いだけならそこまで糸を使うこともなく、1着縫うのに1巻あれば十分だろ...
小物

リバティのはぎれを使ってピンクッションを作った【* Baby&Kids * Handmade】

自分で布を貼ってカルトナージュした道具箱にお手製のピンクッションをセットして使用している。こんな感じだ。 三角(テトラ)のピンクッション テトラのピンクッションは簡単に作ることができて可愛らしいのだが、欠点があ...
トップス

ペプラムブラウスの製図に挑戦した【誌上パターン塾vol.1 トップス編】

リックラックで在庫限りの「起毛リネン」(カラー:紅藤べにふじ)を入手した。カット済みの2.5mしか買えず用途に悩んだ。こんな鮮やかな色で大物を作ったら存在感がありすぎる。秋物のブラウスなんかがいいな〜。 『誌上パターン塾vol.1ト...
トップス

ブラウスの袖を取ってノースリーブにしたら、どうなる?【私の好きなシャツスタイル】茅木真知子

春に茅木真知子先生の型紙でブラウスを作ったら出来がよく、調子にのって色違いを作ろうとした。 7分袖→ノースリーブに変更しようとした。そうしたら難しくて行き詰まってしまい、何度も修正を重ねて、このほど完成した。 ビフ...
お直し

簡単お直し:コットン糸でダーニングして傷をふさいだ

祖母が40代の頃に着ていたと思しき更紗模様のワンピース。袖口が異様に小さいのでボタンを外側にずらすことにした。 よく見ると……あれ? 元々のボタン位置よりわざと内側に付け替えているみたいだ。 ボタンをほどいてみ...
生地

コットンスカートのシワがひどい【傾向と対策】

リックラックのセミタイトスカートを素材を替えて何度も作った。結果、コットンの割合が多いものは、どうしてもシワになりやすいことがわかった。以下に私の試行錯誤の記録を紹介する。 1着目 初回は安い生地を買って練習した。仕様書通りに...
生地

家庭用ミシンでリバティプリント・タナローンを縫うコツ

2020年まで手縫いで。2021年から家庭用ミシンでのソーイングを楽しんでいる。 何度かリバティプリントのタナローンを縫って気がついた。どんどん下手になってないか!?なぜなのか、この記事に私の考えをまとめた。 1. 糸の太さが...
ワンピース・スカート

DOMINXのサマーウールで裏地付きのセミタイトスカートを作った【Rick Rack】

『半分解展』をきっかけにメーカーから直接購入したDOMINXドミンクスのサマーウールでスカートを作った。 DOMINXとは:古くから日本の毛織物の産地として知られる愛知県一宮市(尾州)にある葛利毛織工業の商標である。フランス語で「...
ミシン・洋裁道具

#フジックス糸の日2021 キャンペーンに当選しました

フジックス100周年記念のプレゼントに当選して、シャッペスパン缶をいただいた。やったね!! 当選したのは、こんなツイート。 左:旧デザイン←→右:針デザイン 抽選はくじ引きで行われたようだ。 ...
タイトルとURLをコピーしました